今日はカント(独)の教え。

私も大好きな考え方です。



一般的には、自由に生きるって、もうとにかく、

「好きなことをやる!!」

「好きなものを食べる!!」

「好きなだけ寝る!!」

「好きなだけ休む!!」

「好きなだけ飲む!!」

っといった、イメージ?!。(私だけ? 笑)



しかし、これ(=欲望)って、上限(=際限)が無いし、

従えば従うほど、自分をコントロールできなくなる。



ここで、カントの教えを。

「自由に生きる」 とは、

= 欲望に自分本体をコントロールされない状態


この意味で、自由に生きれている、自在に自分をコントロールできている人は、

結局、目標を達成しやすい心身状態にあると言えるかもしれません。



反対に、上手いものをたらふく食べたり、とにかく欲望のままに行動すると、際限の無い

欲に溺れ、決して満足できず、悪循環  →    本来の目標が後回しになり易い



セラピスト自身も自律状態にあるべき。

なぜかと言えば、この考えで治療に当たることで、そのセラピストに関わる患者

さん達もそういう思考になっていくからです。



そして、患者さんが「自律」することでこれが、症状の再発予防になっていきます。

なのでぜひ、「自由に」生きましょう!!



少しでも参考になれば。


(*哲学の解釈が間違っていてもお許しを。悪意はありません。)