セラピストはとかく、小さな世界に篭りがちになる職業。

小さな世界で先生、先生と崇められ、おかしくなっていく人も多い。(時に私も)



これを防ぐには・・・とにかく外へ出ましょう!!(笑)



サルトルの言葉で言えば、

常に、

「アンガージュマン(=社会参加)」

せよ。


哲学にはさまざまな解釈がありますが、要は、現在の自分に合致する

ものをエッセンスとして取り出せば良いと考えています。



病院内、会社内にとどまらず、さまざまな場所へ出て行くことで自分の至らなさ、

足りないものが分かってくる。これ、普段、「先生、先生」と崇められている職業ほ

ど、自覚された方が良いと感じます。



私自身、可能な限り、他のさまざまな職業をされている方(=なるべく経営者が良い)

のお話を聞いたり、また、自分の趣味(=マラソン、空手)の延長線で、大きめの大会

に出たりして、もっと上があるんだという感覚が芽生えるようにしています。

(*それでも時に、調子に乗ってしまうんですけどね~(反省))




要は時に、「先生」という看板を下ろし、「ガチンコ勝負」しろっていうことかと。

今後もアンガージュマン精神で行きます!!




*哲学の解釈が間違っていてもお許しを。悪意はありません。