昨日は28回目のきど塾でした。

ちゃんとやっております。(笑)



3期生の先生がスタートし、結果、10人以上になり、本当にうち

のような狭い治療院だと窮屈な感じになって申し訳ないのですが、

まあ、目的はあくまで技術力アップですからね。

しっかりと教えるには手狭の方が行き来し易いかと。



ゆくゆくは理学療法士としての引き出しを増やすことで、何かしらの

「収入」に繋げてほしいというのが、当塾の考えです。




日本では「お金の話」をすると煙たがれ易いので、注意していますが、

私としては「大それた」ことを言いたい訳ではなく、ちょっとした副収入

を作り、現状の比較的低い水準にある、理学業界の収入を補ってい

った方がモチベーションも保ちやすいのではないか?と言いたいだけ

です。実際にはPT職では食べていけず、辞めてしまう方もいると聞き

ます。





昨日は、腰部関連の疾患別対処法。

腰痛といってもいろいろあり、例えば、

・仙腸関節炎

・ヘルニア

・ぎっくり腰

・すべり症

・分離症

などがあります。もちろん、それぞれ対処は違ってきます。




きど塾では、「腰痛」として一括りにせず、それらに対して

疾患別に対処していくノウハウがあります。まあ、本当は当た

り前の事なんですが・・・。




繰り返し繰り返し反復していく事と、現場で使っていく事で

使える技にしている途中です。とにかく使える技にしなくては

意味が無い。しかし、使えるようになるにはかなりの練習量が

必要です。これはまさに、スポーツと一緒です。厳しい部活など

で過ごしてきた先生は、その点、やはり分かっている感じがします。





そして最終的にはには、

「○○を治すのは誰にも負けない。」


というような、特化箇所を作って卒業してほしいというのが

私の希望です。その方が人生、渡って行き易いですから。



さまざまな「補足教材」についてもちょっとずつ、ちょっとずつ

頑張って作成中。

・治療技術動画

・治療技術教科書

・基礎解剖学動画講義(=きど塾TV)

・患者対応動画(=きど塾TV)

・ウェブページ作成教材(=集客ノウハウ)

・患者さん用体操、トレーニング指導動画



はっきり言って、趣味みたいな感覚でやっております。

(*決して適当にやっているのではありません。笑)



私自身、楽しみながらやらせてもらってます。(感謝)