昨日はきど塾でした。



「きど塾30手」により、身体のどの部位にもある程度対応できる手法の

数は達成済なので、あとはそれらの精度を上げる訓練をしています。




私の習っている「空手」などにおいてもそうですが、実際、使える技は

そんなに多くはないのが本当のところです。相手(=患者)に効かす

ことができるようになるには、教わった技を少しずつ自分のものにして

いく必要があります。




昨日も連休中にも関わらず、先生方は非常に頑張っておられました。




きど塾の先生方は、年数の割には技も考え方も非常にレベルが高い

と思います。私の同年数の時と比較すると私の方が負けている感じ

がします。まあ、嬉しい事です。(笑)




ただ一点、私のほうが解剖知識(=筋などの触診力)は保っていましたよ。

卒業後もずっと勉強していましたから。




昨日も結果として、そういった基礎知識の重要性を再認識していただいた

ようです。施術前と施術後の筋粘性の変化を診なければいけませんから

ね。大変重要です。





しかし逆に言えばあとは、それらが出来てくれば怖いもの無し。患者の訴えに惑わ

されずに治療を進めることができるからです。




きど塾生を見ていると、やはりセラピストは最初(1~3年目まで)が肝心・重要だと実感し

ています。




途中から変えていくのはなかなか難しいですね。私はきど塾の他に専門学校でも教えて

いるのですが、時々、鍼灸師や柔道整復師など他業種の資格を既にお持ちの方が入学

してきます。(結構多い) そのほとんどが将来が心配で理学療法士資格を取得しに来ています。




知識は結構、豊富なのですが、総じてスキルが伸びません。特に患者対応について著しい。




患者さんを回復に導くには、やはりそれ相応の伝達・管理法が必要不可欠なのですが、

その重要性が前職の影響で分からない(=気づけない)感じです。




私は基本的には押し付けるのが嫌いな性質なのでさりげなく繰り返し諭すのですが、以前の

やり方がどうしても顔を出して(=邪魔して)しまう。本当にもったいないです。




その点、きど塾生は「真っ白」ですから、本当に素直に吸収してくれます。

このまま伸びてくれれば末恐ろしいと感じます。

「スーパー理学療法士」の誕生かも?!しれません。(笑)



・患者を回復させる技術力

・患者を管理できる指導力

・患者を支えることの人間力

きど塾の3大テーマです。



今後も頑張って行きます!!




きど塾1dayセミナーコースやります!!

仙腸関節特化コース          1月24日(日)10:00~16:30(弁当付) 15000円

股関節・膝関節特化コース     4月17日(日)10:00~16:30(弁当付) 15000円

野球少年に対するBNTテクニック 7月(未定)(日)10:00~16:30          15000円

 

☆定員(8名)に達し次第、募集は修了させていただきます。

 

 

 

希望の方は氏名、所属、希望日時を       info@kido-medi.com    まで。