こんにちは。

昨日は月1のきど塾でした。




日曜日にも関わらず、理学療法士・作業療法士の先生方が

来られ、がんばってます。

(あ~、また写真撮り忘れました・・・トホホ。)




昨日はきど塾30手の中でも主要技術(=一番使用頻度が高い手技)

である、4番(=大腿骨軸回旋モビリゼーション)と、5番(=片足牽引式

仙腸関節モビリゼーション)の詳細に対する共有作業。



やはり何といっても、一番大切なのは「技術精度=やり方」です。

これがあって初めて、いろいろな患者さん指導&管理が生きてきます。



昨日も、改めていろいろな気づき・技術の修正があったはず。技術は

奥深いですからね。できるようになったつもりでいることは多いです。




特に股関節内転・内旋筋群の捕らえ方はしっかりいきましょう。

膝の痛みで苦しんでいる方をたくさん救えるようにね。




2クール目になっている1期生は今後も細かい部分の共有作業をしていく

つもりです。技術を使えるものにしていくための、いわば「仕上げ作業」です。




2期生はまず、「きど塾30手」の方法・手順を入力中です。

3期生はまもなく(7月 or 8月くらい目安)入会する予定です。




理学療法士業界を「活性」するために活動しています。

まず、私の周りにいる理学療法士の先生方が少しでも楽しく(=やりがいを持てる

という意味合い)仕事ができるような素養作りを行なっているつもりです。(笑)




今後も皆で頑張っていきます!!