先生方(有資格者の方)は、ご自身の治療にいくらくらいの値段をつけられるでしょうか?




恥ずかしげも無く言えば、私は自分の治療は本来価値として、1万円以上の価値があると

思っています。しかし実際は5000円~6000円(=初診)という「お得な価格」にて提供して

いる感覚です。




さまざまな薬や病院へ行っても痛みの原因が分からず、長き(=3年以上)に渡って悩ん

でいる患者さんにとって、その症状が緩和もしくは解消できる「方法(論)」を知っているセラピ

ストを見つけられたなら、それこそ運命の出会いと言っても良いくらいです。生活に久々の明

るさが戻るからです。これは悩んでいる方にしか分からない。




PTという職業は、当たり前ですが、治療費を患者さんから直接頂くことはありません。

なので、患者さんの本音は見えにくい。逆に言えば、支払いの場というのは患者さんの

本音が一番見える場面なのです。




なので、治療の流れにメリハリを作りにくいし、治療を「提供」した後に、いわば何の

クロージングも必要ありません。正直、これでは慢性痛の患者さんが治癒する確率

は大幅に下がってしまうでしょう。




なので、その疑似体験?として、ぜひ、家族や親戚、知り合いなどから治療代をいた

だくことを少しでも経験してほしいなというのが今日伝えたかった事です。




そういった場合でも、できれば1000円以上もらってください。

小銭ではあまり効果というか、やはり責任感が生まれないような気がします。高い価格

設定をすると、いずれ、サービスの質も自然に追いついてくるものです。逆に安い価格

であると、それ相応のサービスに、自ら仕向けていることになります。




今回はあくまで、「実費診療=質の高い治療技術マスター」に興味をお持ちのセラピスト

の方への提案でした。




きど塾 info@kido-medi.com            052 332 4171