今日は22回目のきど塾でした。

それぞれの「理想」に向かって、各先生方、お休み返上で努力されて

います。それだけでも素晴らしいと感じます。



その上、時間の無い中で調整 → 先日の名古屋ウィメンズマラソンで完走された

先生が↓↓。

荒川紀恵先生   (きど塾マラソン部所属)

「サブ5までもう数分でした。」
150315_0946~02












「PTとして、姿勢が悪いことや身体機能が低いのは許せない!」

と、普段からおっしゃってます。(笑)




何事もそうですが、やり遂げた人には独特のオーラが出てます。

そういった「目に見えないもの」が、重い症状に苦しむ患者さんを指導していく

上で非常に大切かと。




やはり、人間(=患者)が最後に信じるのは「言葉」ではないです。

「実」が伴っている人には、人が自然についていきたくなる「何か」があるものです。

それが無いと、いくらたくさんの「綺麗言」を言っても、数回のリハビリでばれてしまう

でしょう。そうなると、知らないうちに患者さんが来なくなるものです。既に治療や訓

練経験があるセラピストの方は心当たりが無いでしょうか?




私は治療院やセミナー業の他に、専門学校での教官業もさせていただいていますが、

何か教えるときでも必ずまず、私自身が行います。




もちろん、やり方を見せるという目的もありますが、教えてもらう側(=学生)の


「じゃあ、先生はできるんですか?」


という無言のつっこみに答えているつもり。





きど塾ではそういった事も大切にしていきたい。

やはり相手は自分よりも年齢の高い患者さんですし、また、PTは「先生」と呼ばれる

職種ですからね。まず、自分が教えられるレベルをキープしていること。

 


今日は、肩甲帯周辺の可動法から入り、ハード系手技の復習などでした。

全員、どんどん進歩しています。




PT会に旋風を巻き起こせる日も近いかな?

来月も頑張ります!!




PS. 静岡マラソンの報告を忘れておりました。

ばっちり完走し、3時間46分でした。(42.195㌔)