今年もいよいよ終わりですね。

きど塾のこの一年は、どうでしょうかね・・・。




おそらく塾生にとっては、

「これからどうしようかなあ。」

的な(笑)、年だったのでは。



きど塾で方法論は習ってきたけど、

「どう試そうかな~」

「どう仕事に繋げればいいんだ~?」

「頑張ってもうちの病院患者には伝わらない(分からない)し~・・・?」

「多少、治せるようになった気がするけど。」


そんな感じかも。



もちろん、技術に関しては今後の妥協無き「免許皆伝」制度でさらに磨いて

いってほしいですが、その後は正直、セラピストの目標や夢の持ち方によって

方向性=人生のベクトルは変わっていくべきでしょうね。



習得した、痛みや違和感を軽減する技術等をどう消化・昇華し、患者治療、

社会貢献、スポーツ振興などで発揮していくか。(発揮していく場所自体

自分で作らなければいけないことも多いけど)




きど塾では、通常の理学療法士セミナーではあまり行わない、より具体的な

技術訓練の場を、相場ではありえない安価で提供しています。最大の特長です。




セミナーや研修会と評して、例えば、そこに来た塾生達をずっと囲って、一部の上

層部が儲けるようなシステムがあったりすることがあるよう(?!)ですが、百害あって

一利無しです。そういった場所には間違いなく停滞する業界の未来があります。




きど塾内はとにかく、言葉は悪いですが、「ガチンコ治療士(=実費治療可能)養成」の場です。




私の願望は、「ガチンコ勝負(=実費治療)ができる理学療法士を作りたい・・・それが結果として、

多くの患者を治し、また、そのセラピストの将来を助けることにつながっていく・・・今後は

特に・・・(私も含む)。




だから、いつでも私の気持ちとしては、

塾生がガチンコ勝負できるようになったら、きど塾を離れ、

「他で勝負し、きど塾の理論を証明してくれ。」

という感じ。

なので、いわゆる「守・破・離」推奨です。




まあ、スポーツでもそうです。私はいまだに趣味である空手の全日本オープントーナメントに

出場しますが、こっぴごくやられる時もあります。ガチンコ(=真っ向勝負)は負けるときもある。

しかし、真の自分の力量がそこで分かり、足りない部分が分かるんです。




「業界内だけで、ヌクヌクしていては、決して分からないのでは?!。」




いろいろ本当に偉そうなことを言いましたが、一人でも多くのPTがやりがいを持って

働き、且つ、病院患者さんたちが治っていくという未来像を描いています。




初夢はそんな夢が良いですね。




っということで、格好良いこと言い過ぎてすいません。(笑)  なんやかんや言って、

塾生に支えられた一年。私もおかげで成長できたように感じます。




とにかく来年も成長し、塾生の病院からの精神的・技術的・経済的独立(=自律)を促せる

ような空間にしていきます。一年間、ありがとうございました。