13回目のきど塾が迫ってきました。



塾も2周り目になってきますが、今後の活動方向についても

決まってきています。




ところで、きど塾のコンセプトにカラダを知ることがカラダを救う

ことに繋がるという考えがあります。



これは、もしかすると世の中の流れに逆行する考えかも知れません。

世の中は常に、

・万能で即効性のある薬やサプリメント

・カリスマドクターや治療家

・誰へも効果のある体操やエクササイズ

などを求めています。




しかし、そういった考えの時、もしも、「薬」や「サプリ」が販売中止に

なったり、「担当医」や「セラピスト」、いなくなったら・・・

基本的に「不確定要素」満載な状態。本来の姿ではありません。




また、たとえば現在、腰が悪くなっているとして、その原因を作ったのは誰でしょうか?

間違いなくご自身の動きや生活習慣、癖などです。(交通事故などは除く)

ただ、その原因について無意識・無自覚なだけです。




私が経営している治療院へいらっしゃる患者さんの身体は、ほぼ例外無く、

何年もかけて少しずつ少しずつ筋が骨を本来の位置ではない場所へ引っ張っ

ていっています。カラダの使い方として、脳にインプットされつつ、歪みも進むのですね。




なので、普通に考えたとして、他人の手によって強引に、

「ボキッ」

とはめたところで、良い状態がもつのは1~2日くらいでしょう。

患者さんの感覚としては、その時に限ってはむちゃくちゃスッキリするし、

セラピストも「やった感」が強いのですが、要は、患者さん自身の動きと

して学習されていないのです。これが、「整体してもすぐに戻る」ことの

唯一無二の原因だと考えています。




実は、私自身、以前はこういったマニュピュレーション系のテクニックは使って

いまして、現在もやろうと思えばできます(結構得意です(笑))。しかし、やはり

患者さんにとって最も利益のある方法論でなければ用いるべきではないと考え

ていますので、治療院では全く使用していませんし、やるとすれば、学生への

講義内で、テクニック紹介としてデモするくらいです。




なので、現在は、たとえ少し時間がかかったとしても、カラダと脳にノーマルな

状態を覚えさせるべきであるという考えです。




きど塾が大切にしている考え=コンセプトもこの部分です。

オリジナルに考え出したあらゆる体操や、筋を動かさせつつ進める訓練で改善

していただくテクニックを開発中です。





もちろん、患者さんの体を見抜く観察眼を磨きつつ、根底にあるこのような考えは

曲げずにポリシーをもって今後も活動していきます。





お問い合わせ:052-332-4171    info@kido-medi.com

・少年野球児のための歪み自己修正セミナー

・疲れないジョギング法、姿勢の良くなるウォーキング法

・サッカー児のための体幹安定セミナー

など、各種セミナーを来年度はお試しとして、「格安」で請け負います。


コンテンツ:

・身体のポイント解剖講義

・自分で行う、身体の歪み修正。

・競技別の歪み説明

・競技別の筋トレ指導

・治療実演  等


小~中~高校チーム  20名~30名  2~3時間

企業 10名~15名 2~3時間   


場所  愛知県内   料金・・・応相談

お問い合わせは→ 052-332-4171  木戸まで。

メール info@kido-medi.com