今日は8回目のきど塾でした。
140126_1128~02

今年はまず、治せるセラピスト養成の「しくみ作り」をと思って

やってきた部分もありますが、だんだんと手ごたえみたいな

ものを感じさせてくれる先生も出てきました。



正直、学校ではテクニック的なことしか教えられない面が

あります。これはカリキュラム上のこともありますし、あと、

やはり専門職の「先輩」として技術の「コツ」を伝授したいと考え

て、講義しているからです。

何でもそうですよね、やはり「コツ」が大切。

140126_1128~01

しかし、セラピストとして、勝負はそこからだと私は感じます。

そこがあくまでもスタート。っというのは、いってみれば、技術は

道具であり、人を改善するにはその上にもう一つ、コミュニケ―

ション上、大切なスキルがあります。一言でいえば、「伝達力」でしょうか。



木戸塾では、その部分に一番、力を入れているつもりです。

もちろん、技術も絶対の自信があります。しかし、技術には

溺れません。(笑)



今日の木戸塾では、この「伝達力」の部分で、成長を感じる事

ができた日でした。決して技術の向上に感動したわけではありま

せん。しつこいですが、技術なんて上手くて当たり前(笑)なんですから。



私はとにかく、治せる、患者さんを改善に導く事のできる理学療法士が

病院のリハビリテーションに一人でも多く存在するようになればいいなと

祈って頑張っているんです。



なので、このままきど塾生が、今の成長スピードを保ってくれたら、末恐ろしい

ことになるかも・・・(怖)



何で怖いかって?!

私の治療院の売り上げが減るからです。(笑)



とにかく今日も、楽しい刺激の場でした。感謝、感謝です。