きど塾 治せる療法士育成塾 背骨&仙腸関節研究会

愛知県名古屋市で活動している理学療法士中心の技術研究会です。体軸の調整を第一に考えた治療スタイルを習得させています。股、膝、足、肩、肘などの痛みは局所的に治療しても体軸(=背骨)が整っていなければほとんど再発してきます。きど塾では背骨についてさまざまな手法と方法論を有しています。講義は実践中心。理論のみで「お茶を濁す」内容は皆無です。

きど塾ホームページ→ 痛み改善アカデミー 「きど塾」
http://www.kidojyuku-pt-powerup.com/


2017年スケジュール

2月19日(日)10:00~

3月19日(日)10:00~


2013年11月

木戸塾  Vol.6  寺子屋 木戸塾  


こんにちは。

昨日は、6回目の木戸塾。




まだまだテクニックの修得には、正直、ほど遠い

状態ですが、少しずつ各先生方、がんばっておられます。




塾生のほとんどが私の教えにいっている学校の卒業生

ですが、でも、卒業すればそれは関係ないです。




一人のプロとして、技術を高めていかれるべきです。

私は、あくまでその「手助け」をしているだけだと考えています。




今日は、ケーススタディの続きを。

前回とあわせて、20種類のケーススタディを行いました。




ハード手技に関しては動画撮影し、みなで共有できる仕組みを

作成中。




こういった木戸塾のコンテンツを生かすも殺すも自分次第。

ぜひ、がんばってほしいです。




私も負けずに今後も「ハッスル」します!!(古いな~)





何でも屋では困る時代に?!  名古屋の治療技術塾  「寺子屋木戸塾」



こんばんは。

理学療法士と聞いて、ピンと来る人ってどれくらいいるでしょうか?



私の父は残念ながら、未だに「医学」療法士とかいいます。(悲)



しかし、それくらい実際に何をやっているのかがわかりにくい業

とも言えます。我々にも責任の一端がある。



今後は、病院の看板の「リハビリテーション科」のところに括弧し

て「膝専門」とか、「肩得意!!」とか入れられるような状況になると

良いですね。っていうか、ならなければ。




しかし、理学療法は分野が非常に広いですから、すべてを網羅する

ような考えだといつまでたっても上手くならないと感じます。ある程度、

無理やりにでも絞る必要がある。




木戸塾では、ゆくゆくは分野別に「分裂」してもらう予定です。

その過程で、各々のスペシャリストが生まれれば良いと考えています。





ギャラリー
  • きど塾 / 背骨研究会  愛知 理学療法士 勉強会 ~背骨から慢性痛を考える~
  • きど塾 / 背骨研究会  愛知 理学療法士 勉強会 ~背骨から慢性痛を考える~
  • きど塾 / 背骨研究会  愛知 理学療法士 勉強会 ~背骨から慢性痛を考える~
  • きど塾 40回目 セラピストとして基本・根幹技術も疎かにしない塾
  • きど塾 40回目 セラピストとして基本・根幹技術も疎かにしない塾
  • きど塾 40回目 セラピストとして基本・根幹技術も疎かにしない塾
  • きど塾 36回目  名古屋 徒手療法習得塾  体軸第一理論のきど塾
  • きど塾 36回目  名古屋 徒手療法習得塾  体軸第一理論のきど塾
  • きど塾 36回目  名古屋 徒手療法習得塾  体軸第一理論のきど塾