皆さんはもし膝が痛くなった時、どこへ行くでしょうか?

普通の感覚で考えれば、医療業界の最高権威である医者のいる整形外科を

受診→なんらかの処置→症状によってはリハビリ通院という流れでは?



リハビリでは、

1 電気などの物理療法、2 筋力訓練、3 マッサージ、4 テーピング・装具療法

など、その患者さんの状態に合わせた対処をすべきでしょう。



しかし、現実には画一的な処置となり易い・・・。



1人の患者さんにかけることのできる時間の問題(15~20分くらい)もあると

考えますし、また、なるべくたくさんの患者さんをリハしなければ病院の経営

に関わってくるのであり、画一的になってしまうのは、ある意味「仕方のない」

問題として世間では捉えられ、片付けられている印象です。



しかし・・・現実問題、患者さんは非常に困っています。

そして、セラピストとしてやる気を失っている人います。

臨床実習の学生なども、そんなセラピストから何を学ぶのか・・・と、

戸惑っている方がいるかも?知れません。



要は、現在の理学療法士業界の方法論では、セラピストもモチベーションが

上がりにくいですし、患者さんも痛みが取れ無い事が多く、不幸なわけです。

学生にとっても、治せない・痛みの取れない古臭い技術や理論だけを押しつけ

られても困ってしまうし、どのみち現場で困る・・・(当たり前)。誰の利益にもなっ

ていない、悲しい実情かも知れません。




実際、医療点数におけるリハビリ分野の占める割合は、10年~20年前に比較し、

減退傾向にあるようです(=分野による。ここでは特に整形領域)。これは、資本

主義である日本ではまさに「仕方のない」現象です。理学療法という、「商品」に

価値を見出すことができなければ、患者さんは当然のように離れていく・・・

「神の見えざる手」が働いてしまうわけです。



我々木戸塾はとにかく、患者さんをはじめ、セラピスト、学生にとって所属している

ことが喜ばしく、嬉しく感じられて、なおかつ自身が人間として成長できる環境を

作り上げたいだけです。



木戸塾の活動として、失敗もたくさんするでしょうが、最終形としてそんな雰囲気に

満ちた環境を作る事が出来たら最高です。