こんばんは。

きど塾、塾長の木戸です。


来年度より、きど塾の仕組みを見直すことになりました。

変更ポイントは次の3つです。

①2か月に1回となる
→理由:講義で習った手技を、次の講義までの2か月間で
十分に試してきてほしい


②内容が事前告知となる
→理由:当日来て、初めてその日の内容が分かる方法をとっていたが、
弊害が大きかった。気持ちの準備もそうであるが、やはり、思った以上
に解剖等、基本事項の欠落が手技習得の足を引っ張った感覚がある。
→その他:きど塾TVというYou Tube番組を作成することで、内容を動画でも
事前学習できるようにしておく


③Aコース(=1~8講義)とBコース(=9~16講義)からなり、
両16講義後、再び1に戻る。16講義はいずれも「1話完結型」
である。
→理由:どこからでも入塾しても、それまで習った事、習っていない事が
明確になる。これまでは、正直、私の管理も甘く、先生によって、どこまで
教えたのかが分からなくなっていた。


私自身の反省も踏えた今回の修正となりました。
効果のほどは分かりません。(笑)


とにかく、質の高い理学療法を普通に提供できる世の中にしていく
のが「最終目標」です。


募集対象者:

・「背骨と仙腸関節」の調整を基軸に、その他関節へ
の波及効果を考えた治療スタイルに賛同していただく
ことができ、また、習得したい方。


・サラリーマン的思考ではなく、一人のセラピストとして
生きていこうと画策するセラピスト向けの内容です。
そこにはもちろん、経営的な思考の持ち方や、いかに
行動すれば他セラピストと差別化できるかという視点の
養成が含まれます。



正直、多くのPTが目指すPT像、治療スタイルではありません。
その点を理解して入塾していただいた方が良いと思います。
それがお互いのためでもあります。

後々、「不適合」を起こさないためにも最初の前提条件確認は
何より大切です。



2017年の5月より、施行される運びです。

お問い合わせ:info@kido-medi.com

ホームページ:https://www.kidojyuku-pt-powerup.com