愛知県、名古屋市で活動中のきど塾です。理学療法士、特に慢性痛に

対する治療法セミナーを2013年から行っている集まりです。



最近は、理学療法士も結構、「特化」へと頑張っている人が増えている気がします。

業界の流れとしてもその方向(=専門領域○○普及)へ行きたいみたいですね。


私自身、自分の治療院 = 「背骨・仙腸関節絡み痛、股・膝痛」に特化していますし、

このきど塾ではまさに「背骨」から考える治療メソッドを伝承中。(おおげさですいません 笑)



意外と勘違いし易い事項:

「上手くなってから「特化」を名乗ろう!」

ではいつまでたっても特化ならず、

「私は○○が得意なんです!○○が痛い人がいたらぜひ、紹介してください」

といくと特化されやすい。




たとえ話で言うと、


「お金持ちになったら会社を作ろう!」

ではなれず、


「私はもっと稼ぎたいし、やりたい事がある。なのでとにかく会社をひらく。」

ならなり易い。(あまり良い例えじゃないかな? 笑)



例えば、ある理学療法士(=B君)が、「膝痛」で特化したいとします。



同僚のA君・・・・膝痛の患者さんを1ヶ月に3人診ている

     B君・・・膝痛の患者さんを1日に1人は何とか診ている
(B君は日ごろから、同僚、上司、親類、知り合い、既存の患者さんなどに、膝痛
の方がいないか常に声掛けする努力をしている)



2人の累計・・・

B君が1年間に診れる膝痛患者数 = 36名

A君が1年間に診れる膝痛患者数 = 240名(*病院に20日勤務として)

この状態が5年・・・10年続くとして、どちらが膝痛に対して治せる、

対処できるようになるでしょうか?


今日の金言:

「最初から上手い人はいない。たくさん診て→技術をかけ→失敗、成功を繰り返すべし」


今日は特化についてでした。

少しでも参考になれば。

 「きど塾 技術セミナー」

    ~ ヘルニアに対する徒手療法 ~


2017年9月10日 9:30~12:30


  定員30名   受講料8000円


場所:調整中(名古屋市内)


kenseitai0607@gmail.comでお申し込みできます。

 

☆きど塾では、技術だけでなく、今後、理学療法士として世の中を

渡っていくためのメンタリティなども共有中です。もちろん、私(=木戸)

自身、まだまだ修行中の身であり、共に研究していくスタイルです。

*知識、技術、思想などを強要することは決してありません。