こんにちは。

せぼね研究会の木戸です。


名古屋市中区で整体師として自費治療院を行うと共に、

専門学校(=理学療法士養成校)や市民講座などで背骨

の大切さ、姿勢の大切さ & 修正体操などを説いております。


私は実を言うと元ホテルマンなのですが、姿勢に大きな興味を

持ち、最初に理学療法士を目指そうとしたほぼその瞬間から、

開業(=個人での事業展開)しようと考えていました。


お気づきの方も多いと推察しますが(笑)、ここで大きな矛盾が

生じていますよね。


理学療法士 = 開業権ありません


しかし、私がしたかった「勉強内容」は理学療法士のカリキュラム

に入っていた・・・。

こういった場合、普通なら諦める(=PTの免許を取らない)のかな?

私はちょっと、そういった意味でちょっとおかしい(=変わり者)の

しょうね。笑


でも、その代わり、PTを目指した20年近く前の「志」と、現在の考え

はほぼ変わっていないです。もちろん、目標も達成してます。


要は、

「本当にやりたい事・目指したい事が、現在頑張っている事の先にある」


という状況になった時、人間は最大限に頑張れるのではないか、多少の障壁

など考えず、行動できるのではないか、っと、実体験から感じているのです。



世の中にはさまざなセミナーがありますが、まず、その辺りをしっかりと見直して

いただき、参加していただいた方が良いという事。当せぼね研究会もしかりです。


・治療・訓練技術に対して差別化したい方(=セラピスト負担の少ない技法を身につける大切さ)

・患者さん(=自分が治したい分野の患者)を集める事に興味がある方(=マーケティングの大切さ)

・対患者さんコミュニケーション法に興味がある方(=治療時間の中で信頼を得る術、リピートの大切さ)


いずれも今後、リハ業界の中で私が大切になってくると考えている事項であり、

せぼね研究会のコンテンツでもあります。



セラピストとして、「将来、成りたい像」と、今やろうとしていることが合致しているか

どうかを一度、確認されてから申し込みください。