患者さんが治っていかない時、学生の点数が伸びない時など、

セラピスト指導者がよくいってしまう言葉かもしれません。



「あの患者がわがままだからだ。私の言いつけを守らないからだ。」

「学生の能力がもともと低いからだ。」



ここでニーチェの言葉。

「自分の人生に起こった全てを受け容れ、愛せ。」


ニーチェの著作、「ツァラトゥストラ・・・」や彼の「超人」という考えに

であった時は、ある意味、衝撃でした。


それまでは、正直、何かについて結果が出なかった際にまだまだ、

己の環境他人など、いわゆる、「他責的思考」にあったと感じます。


対して現在。

例えば、乗った電車が遅れ、約束の時間に遅れたとして、

「ああ、その電車を選んだ自分が悪いんだ。」


例えば、患者さんが次の予約をしなかった(=患者さんがどんな人でも)

として、

「ああ、自分の技量や説明が悪かったんだ。治るイメージ

を持たせてあげられなかったんだ。」

と思う事がごく自然になっています。



とにかく全ては、自分のせいにすることから。

これが無いと必ず、人間という存在は、責任を他に求めるんです。

翻ってこの事は、自分の進歩を大きく妨げてしまう。



この思考法ができてないと、どんな分野でも絶対に「プロ」にはなれない。

自分が治療している患者さんや、指導している学生から信頼は得られな

いでしょう。



まずは全ての運命を愛してみては。 笑 (キザ~)



*哲学の解釈が間違っていてもお許しを。決して悪意はありません。


きど塾  背骨研究会

info@kido-medi.com